【読書会】開催レポート│2017年7月8日

2017年7月8日、読書会を開催いたしました。

今回の読書会は、2017年下半期1回目の読書会となりましたが、3名の読書会初参加の方を含めた9名での読書会となりました。

今回の読書会にご参加いただいた方、誠にありがとうございました。

読書会で紹介された本は、コチラ!

今回の読書会もたくさんのオススメの本が紹介されましたが、その一部をご紹介いたします。

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代|アダム・グラント

ペンシルベニア大学ウォートン校教授で、組織心理学者のアダム・グラント氏の『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』が紹介されました。

アダム・グラント氏は、『フォーチュン』誌が「世界でもっとも優秀な40歳以下の教授40人」に選出し、世界でもっとも重要なビジネス思想家50人のうち一人に選ばれるなど、世界的に影響力のある若手ビジネス書著者です。

本書は『ニューヨーク・タイムズ』紙でビジネス書の売上第1位に輝き、アマゾンUSでも企業文化部門で第1位を獲得するなど世界的に注目されています。

本書の中で、アダム・グラント氏は、これから量産型の人間がどんどん必要なくなっていくと警告しています。特に日本では、みんなが同じ教育を受け、同じ答えを確実に覚えた人が活躍できていましたが、これからの時代に答えはなく、自分で独創的な考えをし、自分自身で答えを見つけていかなければならない時代になりました。

日本では、出る杭は打たれるという言葉があるように、周囲と異なった行動をすることはいけないと言ったイメージが長年ありましたが、これからの時代はむしろ出る杭にならなければ生き抜くことは出来ないと言います。

例えば、タクシー運転手という職業は必要とされなくなり、Uberなどの配車サービスや自動運転に置き換えられてきています。

自分自身が高い能力を持たなければ、やがて淘汰されてしまう時代になっているのです。他の人と違った行動をすることに恐怖心を感じる人も多いと思いますが、恐怖を乗り越え、自分らしい行動を出てきた人にのみが豊かな生活を手に入れることが出来るになりました。

モスバーガー流 結果を出すリーダーの習慣|櫻田 厚

マクドナルドに次ぐ日本第二位のハンバーガーチェーンであるモスバーガーを運営するモスフードサービスの櫻田厚会長兼社長が明かした、リーダーについて書かれた1冊です。
リーダーシップというのは、日本人に最も必要とされる能力でありつつ、最も欠如している能力です。
リーダーやリーダーシップについて書かれた本ありますが、小手先のテクニックばかりを書いた本も多く存在しているのが事実です。

本書の中では、リーダーに必要なものの第一は、『人柄』であると言います。
そして、『人柄』は誰もが今から身に付けることが可能であり、『習慣』によって得ることが出来ると言います。
本書では「慕われる人になる方法」「良いチームの作り方」「失敗にクヨクヨせず、前へ進むための発想法」「人の話を聞かない困った上司への対処法」など、モスバーガー以外の多くの会社でたくさんの人が遭遇しがちな問題への解決法を赤裸々に明かしています。

その他にも『多動力』『ドリルを売るには穴を売れ』『成長したければ、自分より頭のいい人とつきあいなさい グローバル人材になるための99のアドバイス』『人生は20代で決まる』『道徳性の起源: ボノボが教えてくれること』『悩みどころと逃げどころ』『フィーチャリング力 あなたの価値を最大化する奇跡の仕事術』などが紹介された、有意義な読書会となりました。

まとめ

東京アキバ読書会は、東京の秋葉原で東京最大級の20代限定の読書会を開催しています。年間数百名の20代の方にご参加いただく読書会です。

読書会に参加したことがない方は、緊張されるかも知れませんし、どの読書会に参加すべきか迷ってしまうこともあると思います。

東京アキバ読書会には、毎回読書会に初めて参加するという方も多数参加されております。読書会の進行も初めて参加する方にあわせて進めさせていただきますので、読書会に初めて参加するという方にも安心の読書会です。

少しでも読書会に興味がおありの方は、下記のバナーより読書会の詳細ページへお進みください。皆様の読書会のご参加を心よりお待ちしてます。

東京アキバ読書会に参加しよう!

東京アキバ読書会は、年間500名以上の方が参加する東京最大級の読書会コミュニティです!

読書会の詳細・開催日程は下記のバナーよりご確認ください。

皆様の読書会のご参加を心よりお待ちしております!

 

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大