【読書会】開催レポート│2017年10月7日

2017年10月7日、東京アキバ読書会を開催いたしました。

今回は、初参加の方2名を含めた9名での読書会となりました。

今回の読書会も時間ぎりぎりまで大変盛り上がり、ご参加いただいた方の満足度も非常に高く、とてもありがたく思います。

今回の東京アキバ読書会にご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

読書会で紹介された本は、コチラ!

今回の読書会でも様々なジャンルの興味深い本がたくさん紹介されました。その一部をご紹介いたします。

ゴール―最速で成果が上がる21ステップ|ブライアン・トレーシー

今回の読書会で非常に人気の高かった本が、世界的に著名なブライアン・トレーシーさんの著書である『ゴール―最速で成果が上がる21ステップ』です。本書は読書会でも度々紹介され、紹介される度に大反響のある1冊です。

本書の中では、目標を紙に書くことの重要性が度々語られています。その中でも最も衝撃的な調査で、ハーバード大学で行われたものが紹介されています。ハーバード大学という世界屈指の大学のMBAコースの卒業生でも、目標を紙に書いた人とそうでない人の年収に想像絶するほどの差が出ている事が証明されています。

実際の調査結果については、ぜひ本書をお読みになり直接皆さんご自身の目でご確認ください。

その他にも今回の読書会では、『SONYとマッキンゼーとDeNAとシリコンバレーで学んだ グローバル・リーダーの流儀』『男子劣化社会』『ビジネス英語の敬語 微妙なニュアンスを英語で伝える 状況に応じたレベル別丁寧表現』『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』『「反知性主義」に陥らないための必読書70冊』『今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略』『武器としての経済学』『思考停止という病』などが紹介されました。

まとめ

東京アキバ読書会は、毎週20代の社会人を中心に東京最大級の読書会を開催しています。年間500名以上にご参加いただく、東京トップクラスの読書会です。

読書会に今まで参加したことがないという方は、読書会に参加すること自体に緊張してしまい、なかなか参加できないという方も多いと思います。しかし、東京アキバ読書会は、毎回読書会初めて参加するという方も多数参加されており、読書会に初めて参加する人にもぴったりの読書会です。読書会に何度も参加したことがあるという方もたくさんいらっしゃるため、読書会初参加から、読書会好きの方まで幅広く楽しんでいただくことができます。

最近では、東京アキバ読書会の噂を聞きつけ、全国各地の方にご参加いただいておりますため、満席になり次第申し込みを締め切らせていただいております。少しでも東京アキバ読書会に興味がおありの方は、是非下記のバナーより読書会の詳細をご確認ください。

皆様の読書会のご参加を心よりお待ちしております。

東京アキバ読書会に参加しよう!

東京アキバ読書会は、年間500名以上の方が参加する東京最大級の読書会コミュニティです!

読書会の詳細・開催日程は下記のバナーよりご確認ください。

皆様の読書会のご参加を心よりお待ちしております!

 

フォローする