【読書会】開催レポート│2018年3月11日

2018年3月11日、東京アキバ読書会を開催いたしました。

今回の読書会は、初参加の方5名を含めた11人で開催いたしました。

時間ギリギリまで非常に盛り上がった読書会となりました。今回の読書会にご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

読書会で紹介された本はコチラ!

今回の読書会でも、漫画やビジネス書、図鑑、機関紙など様々なジャンルが紹介されましたが、その中の一部をご紹介いたします。

2022―これから10年、活躍できる人の条件|神田昌典

今回の読書会では、東京アキバ読書会の開催のきっかけとなった『2022―これから10年、活躍できる人の条件』が紹介されました。

本書は、2012年に発売され、その年のAmazonビジネス書・自己啓発書のランキングの年間売り上げ1位に輝いた一冊です。本書をきっかけに日本が新たな時代に突入していることに気が付いた人も多く、たくさんのビジネスパーソンに大きな影響を与えた一冊です。

2012年から10年後の日本や世界について書かれていますが、発売から数年が経ち、本書に書かれている内容が少しずつ現実化しており、今こそ読むのにぴったりの本のように感じます。本書の中では、iPhoneの成長サイクルや、会社という組織がなくなることまで予想されています。iPhoneの成長サイクルの正確性には驚きを隠せなかった人も多いと思います。そうした、神田昌典さんの様々な予測を見ると、これからの2022年にかけて、残りの部分が現実して行くように感じます。

本書の中では、これからの時代には、イン・フォメーションよりもエクス・フォーメーションが重要であり、アウトプットをして行くことが求められていると述べられています。

鍵は、エクス・フォーメーション。あなたが、現在においても、未来においても、活躍するための、鍵となる言葉。それは、エクス・フォーメーションだ。

イン・フォメーションとは、その言葉通り、内に形創る。外から情報を受け入れて、自分の中に認識を形創ることだ。それに対して、エクス・フォーメーションとは、外に形創る。自分の内にある認識を、外へ形創っていく。

神田昌典|2022―これから10年、活躍できる人の条件

エクス・フォーメーションと聞いても、何からやればいいのか分からないという方も多いと思いますが、そうした方にオススメなものが読書会だと言います。本書を参考に東京アキバ読書会を開催しています。

そのほかにも、『マンガで身につく 多動力』『好きなことだけで生きていく。』『チーズ図鑑』『えんぴつの約束』『未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる』『ストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる』『統計学が最強の学問である』『宇宙はなぜこのような宇宙なのか――人間原理と宇宙論』『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』など様々な本が紹介されました。

まとめ

東京アキバ読書会は、毎週東京の秋葉原で20代の社会人中心の読書会を開催しています。毎年500名以上の方にご参加いただき、今までに数千名の方にご参加いただいた、歴史と実績の読書会です。

東京アキバ読書会は、課題図書などはないため自分のオススメの本をお持ちいただくため、事前にたくさんの準備をする必要もなく、ご気軽な気持ちでご参加いただけるため、たくさんの方にご好評いただいております。

また継続して参加することで、読書が苦手な方もだんだんと読書が習慣になっていくため、本が苦手な方もたくさんご参加いただいております。

今までに読書会に参加したことがないという方は、緊張してしまったり、どの読書会に参加しようか迷ってしまったりして、なかなか読書会に参加ができないという方もいるかもしれません。東京アキバ読書会には、毎回読書会に初めて参加するという方もたくさんご参加いただいているため、読書会に参加をしたことがないという方にも大人気の読書会です。

東京アキバ読書会に少しでも興味がおありの方は、下記のバナーより、読書会の詳細ページへお進みください。

皆様の読書会へのご参加を心よりお待ちしております。

東京アキバ読書会に参加しよう!

東京アキバ読書会は、年間500名以上の方が参加する東京最大級の読書会コミュニティです!

読書会の詳細・開催日程は下記のバナーよりご確認ください。

皆様の読書会のご参加を心よりお待ちしております!

 

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大