『好きなことだけで生きていく。』|堀江貴文【書評】

「好きなことだけで生きていく。」と聞いたら、「そんなこと無理だ。」と感じながらも、「出来れば好きなことだけで生きていきたい。」と感じるのではないでしょうか。

ホリエモンこと堀江貴文さんは、著書の『好きなことだけで生きていく』で、「好きなことだけで生きていく」ことは全員が可能だと断言しています。

本書のテーマは「好きなことを仕事にして、これから一生、好きなことで生きていく」ためにはどうすればいいのか、ということだ。

(中略)

断言しよう。

人は好きなことだけして生きていける。

それは、例外なく、あなたも。

堀江貴文|好きなことだけで生きていく。(少し長いはじめに より)

好きなことだけで生きていく。|堀江貴文

良い大学に入り、良い会社に入れば幸せといったレールが実現不可能になり、想像絶する勢いでAIがたくさんの仕事を行うようになりつつある中で、与えられた仕事をやれば幸せになれるという時代の終わりが目の前に来ています。

そして同時に、好きなことだけをして、人生を自分らしく、本当に楽しむチャンスを掴むことができる最後のチャンスが今であるようです。

堀江貴文さんは、好きなことだけをして生きていて幸せあり、同じように好きなことで幸せに生きられる人が増えて欲しいという思いで書かれた、本書は全ての働く日本人に向けた「最後通告」です。

「でも」の口癖をやめなければ、職を失う

AIという技術一つを取っても、肯定的な人もいれば、否定的な人もいますが、何か新しいことに直面した時に「でも」と言って旧来のものに固執する人は、今後は仕事がなくなっていくと言います。

新たな技術が出れば、それをプラスに捉え、どうやって活用していこうと考えれば生産的であるのにも関わらず、新しいものを認めたくない見栄とプライドで無駄なことを永遠やり続ける人があまりにも多いのです。

この人工知能を否定的に見るか、肯定的に見るかで、その人の知性がバレる。僕はそうとらえている。人工知能は、いわば現代の踏み絵なのだ。

人工知能に対して、最もありがちな態度は「人間の仕事を奪われるから、雇用が減り、不幸になる人が増える」という悲観的な考え方だ。

言わせてもらえば、これは被害者意識丸だしの噴飯ものの思考でしかない。このような悲観的思考をする人の特徴は、自分の価値を人工知能と同レベルに自ら下落させてしまっている点だ。「人間の仕事を奪われる」などと懸念する前に、なぜ人工知能を「使いこなす」という視点に立てないのか?

厳しい言い方をすれば、その人自身が、「人を使いこなす」という考え方をいまだかつてしたことがなく、常に「使われる側」として搾取されやすい状態にいるから……。そうとしか考えられない。

堀江貴文|好きなことだけで生きていく。

AIは、人がやりたくない仕事や危険な場所での仕事、早朝でも深夜でも文句の一つも言わず、淡々と仕事をしてくれるものです。もっとAIに感謝の気持ちを持つべきだと言います。

やりたくないことをAIがやってくれる社会がまもなく訪れますが、そんな時代への準備はできているでしょうか。呆然とそうした時代を迎えれば、永遠に搾取される側になり、しっかりと準備を整えれば自由で幸せな人生が待っているでしょう。

今、社会に存在している多くの「危険な業務」「さしてやりがいのない苦役のような雑用」が、全て人工知能に取って代わったとしたら。人はそれぞれ、やりたいことを追求しながら経済を回し、科学技術や文化を高度に成熟させていけるはずだ。

そんな社会では、人は自由に遊び、遊ぶことが「仕事」になる。

堀江貴文|好きなことだけで生きていく。

大企業神話の終焉

大企業で一生懸命働けば、幸せになれる時代は確かにありましたが、もう何十年も前に終わったことをまだ多くの人が認められてないように感じます。

誰もが安泰と思っていた大手家電メーカーが相次いで業績不振になり、何千人規模のリストラを平気で行い終身雇用制度の崩壊を告げました。

大企業でのデータ改ざんや不正融資、パワハラなどの不祥事も次々と露わになり、とうとうメガバンクまでが大幅な人員削減を余儀なくされました。

冷静に考えれば、大企業で働くことのメリットはもはや存在しないはずなのに、未だに大企業だけが安心のような幻想を持ち、自分の首を締め続けている人が多いことには甚だ疑問ですが、そうした人たちが少しでも本書を読んで目覚めてくれたら良いように思います。

大企業で働くことだけが、幸せな人生だとは限らない。

そして、大企業だからといって永遠に存続する保証はない。

「大企業で働くことだけが、幸せな人生だとは限らない」のは、労働形態一つをとってみても明らかだ。長い通勤時間と通勤ラッシュ、長時間労働。

組織内の風通しだって問題だ。気が遠くなりそうなほど煩雑な指示系統、無意味な部署間争い、自分の意志など反映されない人事配置。

ひいては労働生産性よりも重んじられる、職場の人間関係……。

堀江貴文|好きなことだけで生きていく。

NewsPicks編集部副編集長の佐藤留美さんは『仕事2.0』の中で日本の正社員は〝三無〟であると言っています。

職務、勤務地、労働時間が選べない──。この3つのことから、日本の正社員(総合職)はよく〝三無〟と呼ばれます。

佐藤留美|仕事2.0 人生100年時代の変身力 (NewsPicks Book)

▼関連記事▼

2016年10月にリンダ・グラットンさんとアンドリュー・スコットさんの共著である『LIFE SHIFT ――100年時代の人生戦略』が発売さ...

ググる力を身に付けろ!

教科書に書いてあることは、AIが全て記憶しており、記憶力でAIに勝とうとする人は誰もいないはずです。

しかし、未だに学校教育では教科書に書いてある事を正しく覚えた人が、頭の良い人という時代遅れの洗脳が常に行われています。

これからの時代は、いかにAIやインターネットを活用し、必要な情報を見つけ出す能力が重要になります。

つまり「検索力」「ググる力」を身に付けなければ、AIに取って代わられることは明確です。

現代に必要なスキルは、もはや「記憶力」ではなく「検索力」だ。予言めいた言い方になるが、「ググること」はこれからもっと重要になる。

既存の学校教育のように、記憶力をやたらと偏重するなんて、自動車全盛の時代に足が速くても無意味であるのと同じ。

堀江貴文|好きなことだけで生きていく。

遊びを仕事にする三つのステップ

断言しよう。これからは「遊び」が「仕事」になる。「遊び」を「仕事」にできる。

では「どうすれば遊びを仕事にできる」のか。これには三つのステップが挙げられる。

一つ目は、まず「作業にハマること」。これが必須条件だ。よく言う、好きなことを見つけることだ。

(中略)

二つ目のステップとしては、「思いを持って毎日発信をすること」が必要だ。

(中略)

そして、最後のステップとして必要なのは「油断しないこと」。

堀江貴文|好きなことだけで生きていく。

まとめ

少しでも心の中で好きなことだけで、生きていきたいと思っている方はぜひ手にとっていただきたい1冊です。自分ではそう思ってなくても、もしこの本が目に止まったのならば深層意識の中では自由を求めているはずです。

堀江貴文さんの行動に賛否両論あり、炎上することもありますが、堀江貴文さんがそれでも情報発信し続けるのは、もっと楽しく生きられる人たちが増えて欲しいという愛に他なりません。

その思いを受け取るか受け取らないかは個人の自由ですが、堀江貴文さんの言葉を真摯に受けた方がこれからの人生が明るくなるように思います。

「もっと楽に楽しく生きられるんですよ!」と叫んでも、なかなか届かない。だから言い続けるしかないのだろうし、だからテレビにも出るし、本も出版する。

こうして、伝えたいことがあるから。

この僕の気持ちを少しでも理解してもらえると嬉しいし、そして、しなくていい苦労をする人生なんて今すぐやめにして、面倒なことはAIに任せて、自分らしく楽しいことだらけの人生に踏みだしてみてほしい。

堀江貴文|好きなことだけで生きていく。(おわりに 僕の好きなことは「おせっかい 」なのかもしれない より)

▼関連記事▼

「オヤジ」と聞いてどんなイメージを持つでしょうか。 多くの人が「オヤジ」という言葉を聞いて、年齢的に中年くらいの男性をイメージすると思...
ふと気がつくと「忙しい」という言葉が、口癖のようになり、いつも忙しさに振り回されている人はいないでしょうか。しかし、世界を代表する企業の経営...
あなたは自由であるべきだ。 なのにもし、あなたがいま自由でないとしたら、その理由は簡単です。 バカと付き合っているからです。 ...

東京アキバ読書会に参加しよう!

東京アキバ読書会は、年間500名以上の方が参加する東京最大級の読書会コミュニティです!

読書会の詳細・開催日程は下記のバナーよりご確認ください。

皆様の読書会のご参加を心よりお待ちしております!

 

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大