【読書会】開催レポート #191|2018年9月9日

読書会開催レポート
この記事は約5分で読めます。

2018年9月9日、東京アキバ読書会を開催いたしました。

今回の読書会は、読書会に初参加の方4名を含めた、女性7名、男性5名の12名での読書会となりました。

今回の東京アキバ読書会にご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

読書会で紹介された本はコチラ!

今回の読書会でも多岐にわたるジャンルの本が紹介されましたが、その一部をご紹介いたします。

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける|アンジェラ・ダックワース

読書会でも何度も紹介され、今世界中で注目されている能力の一つであるGRITについて書かれた『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』が紹介されました。

このGRITは、バラク・オバマ前アメリカ大統領やマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ、フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグなどが重要であると言っている能力の一つです。

多くの人は、結果を出すには生まれ持った才能や能力が必要だと感じてしまいがちですが、実際にはそれ以上に重要な能力がこの「GRIT」つまり「やり抜く力」であることが証明された一冊です。

大きな結果を出すためには、やり抜く力、言い換えれば最後まで努力を継続する力が重要であると何故言えるのでしょうか。著者のアンジェラ・ダックワースさんは、その答えを下記の式で表しています。

努力×才能=スキル

スキル×努力=達成

つまり、目標達成の条件を数式で表した際に、努力は目標達成に対して二乗の影響を及ぼしており、才能やスキルよりも大きな影響があるのです。

「才能」すなわち「スキル」が上達する速さは間違いなく重要だしかし両方の式を見ればわかるとおり、「努力」は1つではなく2つ入っている。「スキル」は「努力」によって培われる。それと同時に、「スキル」は「努力」によって生産的になるのだ。

アンジェラ・ダックワース|やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

本書については、別の記事でもご紹介しておりますので、合わせてご覧ください。

▼関連記事▼

ぼくたちは習慣で、できている。|佐々木典士

今回の読書会では、偶然にも佐々木典士さんの『ぼくたちは習慣で、できている。』を2名の方がお持ちいただきました。

前述の『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』にも通ずるところがありますが、本書では、成功の元は、努力の継続ということを強く述べられています。

大きな結果を出した人は、事業家だろうと、スポーツ選手だろうと、誰もが目標に向かって努力し続けた結果として得たものです。しかし、努力を努力だと思いながらやっているうちは、辛さなどが出てきてしまうこともあります。無意識に行動につながる習慣にし、それを継続していくことで大きな成果を誰もが得ることができます。

人は往々にして、遠い報酬よりも近い報酬を得てしまう傾向があり、努力を辛いと思っていては、なかなか成果に結びつきません。重要なことは、目の前の報酬よりも、遠い報酬を目を向けて努力を続けていくことです。

また同時に人は変化を好まない動物であると言われています。そのため、何かにチャレンジしようとした時に、生活全部を改めるような大きな変化をすると多くの場合長続きしません。努力を継続して、習慣に変えていくためには、小さな行動を積み重ねていくことが重要だといいます。努力しているような気もしないくらい小さな努力を毎日続けることから始めるのが、いい習慣を作るには大事なようです。

そのほかにも、今回の読書会では『私たちは子どもに何ができるのか――非認知能力を育み、格差に挑む』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』『21世紀を生き抜く3+1の力』『哲学の先生と人生の話をしよう』『生涯投資家』『知的戦闘力を高める 独学の技法』『武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50』『アオアシ』『楽園のカンヴァス』『理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性』『仕事2.0 人生100年時代の変身力』など、20代、30代で読んでおきたい本が多数紹介されました。

佐々木裕子さんの『21世紀を生き抜く3+1の力』や、佐藤留美さんの『仕事2.0 人生100年時代の変身力』は、女性の著者が語ったこれからの未来の働き方の本で、読書会でも大人気です。これらの本については、別の記事でも紹介していますので、合わせてご覧ください。

▼関連記事▼

『21世紀を生き抜く3+1の力』|佐々木裕子【書評・要約】
2050年の生活を想像してみてください。日本はどのようになっていると思いますか? 皆さんはどのようになっていますか?皆さんの子どもはどのようになっていますか? 2015年に生まれた子どもは35歳となり、社会を動かす中心の年代にな...
『仕事2.0 人生100年時代の変身力 (NewsPicks Book)』|佐藤留美 【書評】
2016年10月にリンダ・グラットンさんとアンドリュー・スコットさんの共著である『LIFE SHIFT ――100年時代の人生戦略』が発売され、誰もが人生が100年になることを覚悟したのと同時に、思ったよりも長い人生に不安を感じずにはいられ...

 

まとめ

東京アキバ読書会は、毎週東京の秋葉原で20代、30代中心の東京最大級の読書会を毎週開催しています。年間500名以上の方にご参加いただく読書会で、今までに数千名の方にご参加いただいている信頼と実績の読書会です。

読書会にまだ参加したことがないという方は、緊張されてしまったり、どの読書会に参加すれば良いかわからなかったりして、なかなか読書会参加への一歩を踏み出せないという方もいるかもしれません。東京アキバ読書会には、毎回読書会に初参加の方もご参加されておりますので、初参加の方にも安心の読書会です。

東京アキバ読書会にご興味がおありの方は、下記のバナーより読書会の詳細ページへお進みください。最近では、東京のみならず全国各地から東京アキバ読書会にご参加いただいておりますため、定員に達し次第申し込みを締め切らせていただいております。少しでも読書会へのご参加をご検討中の方は、早めにお申し込みされることをお勧めいたします。

皆様の東京アキバ読書会へのご参加を心よりお待ちしております。

東京アキバ読書会に参加しよう!

東京アキバ読書会は、2015年から始まり、現在では東京最大級の20代、30代の若手社会人中心の読書会を秋葉原で毎週開催しております。

少しでもご興味がおありの方は、下記のバナーより、詳細ページへお進みください。

読書会開催レポート
東京アキバ読書会をフォローする
スポンサーリンク
東京アキバ読書会
タイトルとURLをコピーしました