【読書会】開催レポート #194|2018年9月30日

読書会開催レポート
読書会開催レポート
この記事は約4分で読めます。

2018年9月30日、第194回目の東京アキバ読書会を開催いたしました。

今回の読書会は、女性5名・男性5名の合計10名での読書会となりました。

また初めて東京アキバ読書会に参加された方にも2名を含め、とても盛り上がった読書会となりました。

東京アキバ読書会にご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

読書会で紹介された本はコチラ!

今回の読書会でも十人十色様々なジャンルの本が紹介されました。今回の読書会で紹介された本の一部をご紹介いたします。

 

戦前の大金持ち|出口治明

戦前の大金持ち|出口治明

ライフネット生命の創業者であり、現在では多数の著書を発売している出口治明さんの『戦前の大金持ち』が紹介されました。

世界を見渡して一代にして大企業を作り上げた人を思い浮かべると、少し前までは日本でも柳井正さんや孫正義さんの名前が思い浮かびましたが、今ではGAFAと呼ばれるGoogle, Apple, Facebook, Amazonのたった4社が世界を牽引していますが、この4社の創業者の名前は誰もが知っているのではないでしょうか。

Googleを創業したラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、Apple創業者のスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ、そしてAmazon創業者のジェフ・ベゾス。これらの創業者たちの多くがいまだにこの4社を牽引しており、巨万の富を手にしています。

歴史を遡ると、日本にも彼らに並ぶような億万長者たちがたくさんいたと言います。

本書は、梅屋庄吉や薩摩治郎八と行った戦前に大活躍した7名の実業家を紹介しています。サラリーマンで頑張ることで幸せを手に入れられる時代が終わり、個人が活躍する時代になった今、ゼロから全てを作り上げた人たちに共通するものを教えてくれる1冊です。

 

本書以外にも、読書会に初めてご参加された方が、今回の読書会では、読書会の開催のきっかけになっている神田昌典さんの著書である『非常識な成功法則』をお持ちいただきました。この方は、神田昌典さんの本を読んだことがきっかけで読書会に参加しようと思ったとのことで、東京アキバ読書会が神田昌典さんの著書をきっかけにスタートしたということを知り、次回以降の読書会も絶対に参加したいと言っていただけました。

また、読書会の中でも参加者の方の中で大変人気の高い本田直之さんの『ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと 』や、ちきりんさんの『未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる』、リンダ・グラットンさんの『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略 』なども紹介されました。

 

その他にも、『完全教祖マニュアル』『かわいそうだね?』『KEEP MOVING 限界を作らない生き方: 27歳で難病ALSになった僕が挑戦し続ける理由』『マインドフル·リーダーシップ』『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』など多数の本が紹介されました。

今回の東京アキバ読書会へご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

まとめ

東京アキバ読書会は、2015年に秋葉原のカフェから始まった読書会です。

最初は、2−3名での少人数の開催でしたが、ご参加いただいた皆様からの噂を聞きつけ、今では年間500名以上の方がご参加いただく東京最大級の読書会へと成長いたしました。

場所も、カフェから秋葉原駅周辺のレンタルスペースに移動し、周りを気にせず、思う存分本の感想をシェアいただける読書会として、ご好評いただいております。

毎回の参加者の方は、女性の方が多くなることが多いため、女性のリピーターの方もたくさんいらっしゃいます。

読書会に初めて参加するという方から、読書会の大ファンの方まで全ての方にお楽しみいただけるのが、東京アキバ読書会です。

皆様の東京アキバ読書会へのご参加を心よりお待ちしております。

読書会に参加しよう!

東京アキバ読書会は、年間500名以上の方にご参加いただく東京最大級の読書会です。
参加者は、20代〜30代前半の若手社会人中心で同年代のみなので、気軽に参加ください。

東京アキバ読書会をフォローする
スポンサーリンク
オンライン東京アキバ読書会
タイトルとURLをコピーしました