Warning: Cannot use a scalar value as an array in /home/kenko-eiyo/akiba-dokushokai.tokyo/public_html/wp-includes/class.wp-scripts.php on line 454

【読書会】開催レポート #212|2019年2月23日

2019年2月23日、東京アキバ読書会を開催いたしました。

日中はかなり気温も高くなってきて、過ごしやすい日が増えてまいりましたが、同時に花粉症の方には非常に厳しい時期がやってきました。

今回は、初めてご参加される方3名を含めた女性5名・男性7名の合計12名での開催となりました。

今回の読書会は、2015年に堀江貴文さんが近畿大学の卒業式で行なったスピーチの話題からスタートいたしました。

かつては、良い大学に入り、良い会社に入って、一生懸命働きながら、結婚し、家を買って、住宅ローンを払いながら、子供を育てていき、老後は退職金と年金で優雅に暮らしていくという生活が、日本人のロールモデルでありました。

しかし、このレールを進んでいけば幸せであるという時代は、とうに終わりを向かい、かつての一生懸命大企業で働けば安全・安定・安心という幸せになれる最終列車は発車していまい、今からどんなに頑張ったとしても、上の世代と同じ幸せは手に入れることができません。

従来信じられていた価値観が覆され、大企業は安心という長年信じられていた神話が、音を立てながら一瞬で崩れ去ってしまいました。

これからの激動の時代の生き抜くために、堀江貴文さんはスピーチの中では、自ら情報発信をすることの重要性を一つにあげています。

東京アキバ読書会は、自分の読んだ本を紹介するタイプの読書会のため、毎回参加するために情報発信、アウトプット力を鍛える場として、たくさんの方にご参加いただいています。

読書会に参加された方の感想

今回の東京アキバ読書会にご参加いただいた方のアンケートでいただいた感想の一部をご紹介いたします。

女性 24歳

満足度: 5点満点中5点

感想: 読みたい本が増えた。アウトプットすることがあまりないので、頭の中が整理されて、良い機会だった

女性 28歳

満足度: 5点満点中5点

感想: 読んでみたい本がたくさんあって、どれから手をつけようか迷いました

男性 24歳

満足度: 5点満点中4点

感想: 普段同年代とこういった話ができないので、新鮮で面白かった

男性 21歳

満足度: 5点満点中5点

感想: 色々な人の興味を持っているものを聞けて、学ばないといけないと刺激を受けました

男性 25歳

満足度: 5点満点中5点

感想: 前回と違った雰囲気があって面白かった

女性 29歳

満足度: 5点満点中5点

感想: 読書会に来るとパワーが湧きます。ありがとうございます。

男性 23歳

満足度: 5点満点中4点

感想: より良いプレゼンをしたいと思いました。

男性 30歳

満足度: 5点満点中5点

感想: 人生の勝算を読もうと思った

女性 29歳

満足度: 5点満点中5点

感想: いつも以上に刺激を受けた読書会でした

女性 30歳

満足度: 5点満点中5点

感想: とてもいい雰囲気で楽しかった

読書会で人気だった本はコチラ!

ご紹介された本のうち、アンケートの中で人気が高かった本をご紹介いたします。

思考停止という病|苫米地英人

東京アキバ読書会でも、過去に何度も紹介され、その度に反響のある苫米地英人さんの『思考停止という病』が、人気の一冊に選ばれました。

本書によれば、日本人の多くが、思考停止状態に陥ってしまっているといいます。

思考停止と聞くと、「自分は毎日色々考えている」と感じる人が多いと思いますが、苫米地英人さんは、思考には2つのレベルがあるといいます。

ひとつは、物理的な脳の活動

もうひとつは、創造的な問題解決活動です。

苫米地英人|思考停止という病

「物理的な脳の活動」は誰もが毎日行なっており、そういう意味では思考は停止していません。問題になるのは、ふたつ目の「創造的な問題解決活動」としての思考です。

創造的問題解決はクリエイティブな思考のことをさし、次の四つにさらに分解することができます。

  • 分析する(考察する)
  • 意思決定をする
  • 問題を解決する(最適解を見つける)
  • 仮説を作る

苫米地英人|思考停止という病

日本人の多くが、これらの思考を放棄しているといいます。

サラリーマンでいると、会社から与えられた目標、仕事をこなしていけば給料をもらえるため、これらの思考をせずとも、日々生きていくことができるのです。

人間は環境動物と言われることがありますが、置かれた環境に三年もいれば、その文化や考え方が骨の髄まで染み渡ってしまい、思考停止をしない、会社にとって都合良く動く、ただのロボットのような人間になってしまいます。

苫米地英人さんは、日本人の多くが思考を停止し、考える力が弱い理由を次のようにいっています。

主に3つの理由が挙げられます。

  • 前例主義
  • 知識不足
  • ゴールがない

苫米地英人|思考停止という病

本書の中では、思考停止状態をいかに抜け出していくかの具体的な方法論などを含め詳細に解説されています。

日本の社会人全員の必読本といっても過言ではない一冊です。

▼関連記事▼

日本人に蔓延している病があると言います。 それは、「思考停止」という名の病です。 「思考停止」と聞くと、多くの人が「毎日いろいろ...
created by Rinker
¥1,512 (2019/05/23 12:14:32時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

東京アキバ読書会は、秋葉原で最大級の20代、30代の社会人中心の読書会を毎週開催しています。

2015年にカフェから数名でスタートいたしましたが、今では年間500名を超える方にご参加いただき、今までに累計2000名以上の方にご参加いただいいます。

読書会にまだ参加をしたことがないという方は、緊張されるかもしれませんが、当日はは初参加の方に合わせて進行させていただきますので、ご安心ください。

毎回の参加者の方は、8−15名ほどで、女性の参加者の方が若干多くなる傾向があります。紹介される本は、ビジネス書や自己啓発書が7−8割ほどになることが多いですが、小説や漫画なども紹介されますし、どんなジャンルの本でも構いません。

初参加の方から、何度も参加したことがる方にも、アットホームな雰囲気で楽しむことができるのが、東京アキバ読書会です。

少しでも興味がおありの方は、下記のバナーより詳細ページへお進みください。

皆様の東京アキバ読書会のご参加を心よりお待ちしております。

東京アキバ読書会に参加しよう!

東京アキバ読書会は、年間500名以上の方が参加する東京最大級の読書会コミュニティです!今までに数千名の方にご参加いただいている、信頼と実績のある読書会です。

読書会の詳細・開催日程は下記のバナーよりご確認ください。

皆様の東京アキバ読書会のご参加を心よりお待ちしております!

 

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大