【オンライン読書会】開催レポート #267|2020年5月2日 @Zoom

2020年5月2日_東京アキバ読書会_開催レポート読書会開催レポート
読書会開催レポート
この記事は約12分で読めます。

2020年5月2日、第267回目の東京アキバ読書会を開催いたしました。

今回も、Zoomを用いたオンライン読書会として実施いたしました。

初めて読書会にご参加いただく方4名を含めた28名での開催となりました。

 

例年とは違った自粛ムードの漂うゴールデンウィークとなりましたが、そんな中でも読書会は大盛り上がりとなりました。

今回の東京アキバ読書会にご参加いただき、ありがとうございました。

東京アキバ読書会のハイライト

アフターコロナの働き方の変化

今回の東京アキバ読書会は、前回に引き続き新型コロナウイルスの話題からスタートいたしました。

前回は、コロナが人類にもたらしたものについて話しましたが、今回はアフターコロナ、ポストコロナと言われる時代に起こることについてです。

これから、雇用のあり方は大きく変わっていくことがほぼ確実になっていくでしょう。

経営者から見れば、働いていない社員に対しても、給料を払い続けることに疑問を感じており、これから正社員ではなく、アウトソーシングとして労働力を確保する企業が急増していくでしょう。

そうした時代に、複数の収入源を持つということが、重要になっていくと言われています。

 

東京アキバ読書会の参加者構成

2020年5月2日_東京アキバ読書会_参加者構成

今回の東京アキバ読書会は、男性15名、女性13名とほぼ半々の人数となりました。

また、初参加の方もたくさんご参加いただきました。

2〜5回目の方も、非常に多く参加いただきましたが、ほとんどの方がZoomでのオンライン読書会になってから初めてご参加された方ばかりです。

オンラインでの読書会の満足度の高さを感じていただいているように思います。

 

東京アキバ読書会に参加された方の感想

2020年5月2日_東京アキバ読書会_満足度

大変満足:25名
満足:3名
普通:0名
不満:0名
大変不満:0名

今回の東京アキバ読書会も、ご参加いただいた28名の方全員が大変満足・満足を付けていただけました。

毎回、非常に高い満足度を付けていただき続けて、ありがたく思います。

 

東京アキバ読書会にご参加いただいた方の感想の一部をご紹介いたします。

 

女性 20歳
女性 27歳

満足度:5点満点中5点

読書会の感想:橘玲さんの『人生は攻略できる』を読んだことがなかったのですか、幸福とは何かについて考えたいと思いました。

 

男性 20歳
男性 25歳

満足度:5点満点中5点

読書会の感想:自分の発表の仕方が下手で反省した。次からは聴く側の立場に立って話そうと思う。読書会自体はめっちゃ楽しかった。

ピョートル・フェリクス・グジバチさんの『ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち』の後からお金がついてくるための4条件が参考になった。

 

男性 20歳
男性 24歳

満足度:5点満点中4点

読書会の感想:紹介いただいた本がとても興味をささられるものが多く、新たな楽しみが出来ました。時間がなくなってしまいましたがもっといろんな意見を交わし合えたら良いなと思いました。

皆さんの本の紹介が参考になりました。

 

女性 20歳
女性 22歳

満足度:5点満点中5点

読書会の感想:たくさん読んでみたい本を紹介してもらえて楽しかったです!

参考というか…藤田孝典さんの『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』の話はゾッとしました。笑

 

男性 20歳
男性 23歳

満足度:5点満点中5点

読書会の感想:皆さんのまとめ方、話し方が上手くて、話が入ってきやすかったです。

幸せの定義や成功の定義の話が参考になりました。

 

女性 20歳
女性 25歳

満足度:5点満点中4点

読書会の感想:本の紹介を通して自分がアウトプットを苦手としていることを再認識できたので、今後も読書会を通して鍛えていきたいと思いました。また、人に説明することで頭の中を整理することができたり、新たな発見が生まれるので今後も続けていきたいと思います。

ダニエル・ピンクさんの『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』に関する話が参考になりました。先週も話に出ていて読もうと思っていたので話が聞けてよかったです。特に今後は左脳的な思考に加えて右脳的な思考が重視される、という話について、共感する部分があり印象に残りました。

 

男性 20歳
男性 24歳

満足度:5点満点中5点

読書会の感想:平常心のコツの話が、仏教の本にも通じるとこがあって興味深かったです。

 

女性 20歳
女性 22歳

満足度:5点満点中4点

読書会の感想:本の内容はもちろん、それに対する参加者の皆さんの知識量や考えに感心しました。また、外からの強制力という話ではこの読書会が自分にとっての1つ強制力になりうるので、しばらく参加させていただきたいと思いました。

 

女性 20歳
女性 24歳

満足度:5点満点中5点

読書会の感想:組織に関する本が多く、自分の組織や周りの組織がなぜ今のような状態にあるのかを考えながら、照らし合わせながら話を聞くことができとても面白かった。また、読みたいと思う本が増えた。 落合陽一さんの『日本再興戦略』の教育とモチベーションが大事という話と、ピョートル・フェリクス・グジバチさんの『ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち』の中のニューエリートとオールドエリートの話が参考になった。

 

男性 20歳
男性 24歳

満足度:5点満点中5点

読書会の感想:紹介される本のジャンルが多岐に渡り、普段興味がない分野にも触れることができた。何よりも参加者の皆さんのプレゼンの仕方が非常に参考になりましたし、多様な価値観をお裾分けしてもらえたことが大変よかったです。

 

男性 20歳
男性 26歳

満足度:5点満点中5点

読書会の感想:全体的に組織戦略に関連した話が聞けてよかった。自身の発表に関して課題点も分かったので次回に生かしたいと思う。時間の使い方について、それぞれどのような工夫をしているか話が聞けてとても有意義だった。

 

女性 20歳
女性 25歳

満足度:5点満点中4点

読書会の感想:初めての参加で緊張しましたが、皆さんの本の紹介に引き込まれました。普段、自分では探さないような本もあり、少しずつ読み進めていきたいと思います。紹介の中で、スペンサー・ジョンソンさんの『チーズはどこへ消えた?』の「誰かに言われて動くのではなく、能動的になる大切さ」のお話の部分が印象に残っています。また、次回も参加したいと考えています。

橘玲さんの『人生は攻略できる』、スペンサー・ジョンソンさんの『チーズはどこへ消えた?』、藤田孝典さんの『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』が参考になりました。

 

東京アキバ読書会で最も人気だった本はコチラ!

今回の東京アキバ読書会では、2016年発売し、大ベストセラーになった『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略 』の漫画版が人気の一冊に選ばれました。

 

まんがでわかる LIFE SHIFT―100年時代の人生戦略|星井博文、リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット

まんがでわかる LIFE SHIFT―100年時代の人生戦略|星井博文、リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット

2016年に発売され、日本では30万部を超えるベストセラーとなった、リンダ・グラットンさんの『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略 』の漫画版です。

主人公は、将来に漠然とした不安を抱く大学生の美咲。

父は、真面目に仕事をすることが美徳であり、遊ぶことは罪だと思っています。

兄は、お金を稼ぐことが男の価値であると信じ、家庭を蔑ろにしています。

そんなどこにでも居そうな家族ですが、エルサという留学生が美咲に様々な影響を与え、美咲の人生が動き始めます。

仕事に人生を捧げた父は、定年間近となり、子会社への出向か、退職という選択肢を迫られます。

兄は、出世街道を外された子会社出向を命じられ、人生の岐路に立たされます。

そんな時に、エルサのアドバイスが美咲の人生のみならず、家族へも影響を与え始めます。

今こそ、自分の人生を生きよう!という帯にあるように、100年という人生を自分だけの最高の人生に変えるヒントをくれる一冊です。

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略 』については、下記のブログで詳しくご紹介しています。

 

東京アキバ読書会で紹介された本はコチラ!

その他にも、今回の東京アキバ読書会では働き方の本を中心にたくさんの本が紹介されました。

 

君に友だちはいらない|瀧本哲史

君に友だちはいらない|瀧本哲史

衝撃的なタイトルで、発売当時から大反響のあった1冊です。

瀧本哲史さんは、「つながっている人が自分を規定する」と言います。

本書の中では、ハーバード大学の調査で、肥満の友達がいると自分も肥満になる可能性が高くなるという調査です。

この調査は、1万2000人以上を対象に30年以上に渡って行われた結果です。

家族に肥満の人がいる方が肥満になる可能性が高そうに感じますが、実際には友人の方が影響が強いと言います。

肥満の”友人”がいる人が、太る確率は57%。それに対して配偶者間では37%、兄弟間では40%の相関しか見られなかったのだ。

このような調査から、瀧本哲史さんは会社以外の組織でいかに同じ志を持った仲間と繋がり、チームを作るかが大事だと言います。

本書のタイトルに、友だちはいらないとありますが、何も友だちと縁を切れというわけではありません。

Facebookでいいね!を押すような友達や、Twitterでリツイートするだけの友達はいらないということです。

本当に必要なものは、「チーム」であり、「仲間」なのです。

 

人生は攻略できる|橘玲

人生は攻略できる|橘玲

今回は偶然にも橘玲さんの『人生は攻略できる』を2名の方がご紹介いただきました。

本書の中で、橘玲さんは人生をRPGのように例えています。

RPGゲームをプレイするにあたって、まず重要なことは、ゲームのルールを知ることです。

気をつけなければならないのが、人生という壮大なRPGゲームのルールが大きく変化をしていることです。

過去のルールで、これからの時代を戦うことはできません。

最初にいっておかなければならないのは、 いま人生ゲームの約束事が大きく変わりつつあることだ。これは日本だけでなく世界的な現象で、「一生懸命勉強していい大学に入り、大きな会社に就職して定年までこつこつ働く」とか、「そういう男性と結婚して専業主婦になる」という、お父さんやお母さんの世代の必勝法はまったく役に立たなくなってしまった。そればかりか、古いやり方にこだわっているとどんどんヒドいことになる。

むかしの攻略法が使えなくなった理由は、テクノロジーがとんでもない勢いで進歩しているからだ。20年前はインターネットは生まれたばかりだったし、 15年前はフェイスブックやツイッター、 10年前はLINEやビットコインはなかった。AI(人工知能)が将棋や囲碁のトッププロに勝つようになったのはこの5年だ。これからもみんなが驚くような発明(イノベーション)が次々と出てきて、そのたびにゲームのルールは大きく書き換えられていくだろう。いましか使えない知識をどれだけ覚えても、あまり役に立たないのだ。

橘玲|人生は攻略できる

本書は、これからの時代とルールブックと攻略本の両方を備えた、今の時代の必読書です。

 

その他に読書会でご紹介いただいた本

ゴール―最速で成果が上がる21ステップ|ブライアン・トレーシー 著

人間使い捨て国家|明石順平 著

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代|ダニエル・ピンク 著

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち|ピョートル・フェリクス・グジバチ 著

微差力|斎藤一人 著

平常心のコツ──「乱れた心」を整える93の言葉|植西聰 著

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる|ちきりん 著

暇と退屈の倫理学 増補新版|國分功一郎 著

坊さん、ぼーっとする。 娘たち・仏典・先人と対話したり、しなかったり|白川密成 著

食べる投資 ~ハーバードが教える世界最高の食事術~|満尾正 著

絵を見る技術 名画の構造を読み解く|秋田麻早子 著

HLAの不思議|佐治博夫、佐治弓子 著

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」|山口周 著

センスは知識からはじまる|水野学 著

フルライフ 今日の仕事と10年先の目標と100年の人生をつなぐ時間戦略|石川善樹 著

リーンエンタープライズ ―イノベーションを実現する創発的な組織づくり|ジェズ・ハンブル、ジョアンヌ・モレスキー、バリー・オライリー 著

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら|岩崎夏海 著

チーズはどこへ消えた?|スペンサー・ジョンソン

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃|藤田孝典

なまけもののあなたがうまくいく57の法則|本田直之 著

バンクシー アート・テロリスト|毛利嘉孝 著

5つの時間に分けてサクサク仕事を片づける|菊原智明 著

OPENNESS(オープネス) 職場の「空気」が結果を決める|北野唯我 著

日本再興戦略|落合陽一 著

 

まとめ

今回の東京アキバ読書会にご参加いただき、ありがとうございました。

東京アキバ読書会は、秋葉原で20代〜30代の若手社会人中心の読書会を開催しています。

2015年からスタートし、今では年間500名以上の方にご参加いただく、東京最大級の読書会となりました。

 

新型コロナウイルス収束までの間は、当面の間Zoomを用いたオンライン読書会を開催しています。

Zoomになってからは全国各地から毎回20〜40名ほどの方にご参加いただいております。

 

少しでも東京アキバ読書会にご興味がおありの方は、下記より詳細をご確認ください。

次回の東京アキバ読書会は、5月9日(土)9:30-12:00にZoomでのオンラインでの開催となります。

 

読書会に初参加の方も大歓迎です。

奮って東京アキバ読書会へのご参加ください。

第267回目の東京アキバ読書会の開催レポートでした。

読書会に参加しよう!

東京アキバ読書会は、年間500名以上の方にご参加いただく東京最大級の読書会です。
参加者は、20代〜30代前半の若手社会人中心で同年代のみなので、気軽に参加ください。

すぐに東京アキバ読書会にお申込みを希望の方は、下記よりお申込みください。

必須お名前(漢字)
必須お名前(フリガナ)
必須メールアドレス
必須年齢
必須参加希望日
任意どちらで東京アキバ読書会をお知りになりましたか?【複数可】
任意その他、ご質問や特記事項等がございましたら、下記にご入力ください。

※ご入力いただいたメールアドレスに、当日の会場等の詳細の連絡をさせていただきますので、お間違えのないようご注意ください。

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

東京アキバ読書会をフォローする
スポンサーリンク
オンライン東京アキバ読書会
タイトルとURLをコピーしました