【読書会】開催レポート #368|2022年1月8日 @浜町 [オンサイト&Zoom]

スポンサーリンク
2022年1月8日_東京アキバ読書会_開催レポート読書会開催レポート
読書会開催レポート
この記事は約11分で読めます。

新年明けましておめでとうございます。

2022年1月8日、新年1回目の東京アキバ読書会を開催いたしました。

今回の読書会には、合計32名の方にご参加いただきました。

年末年始の過ごし方や、今年の抱負など、新年らしい話題で盛り上がった読書会になりました。

スポンサーリンク

東京アキバ読書会の参加者

2022年1月8日_東京アキバ読書会_参加者

今回の東京アキバ読書会は、男性18名・女性14名の合計32名での開催になりました。

初めて読書会にご参加いただいた方も6名いらっしゃいました。

 

まだ読書会に参加したことがない方は、参加しようか迷ってしまったり、緊張される方もいらっしゃると思います。

東京アキバ読書会には、初めて読書会にご参加された方も毎回たくさんいらっしゃいますので、初めての参加でも安心してご参加いただけます。

どうぞ、お気軽に一度参加してみてください。

 

スポンサーリンク

東京アキバ読書会の満足度

2022年1月8日_東京アキバ読書会_満足度

今回の東京アキバ読書会は、全体の94%の方が大変満足の評価をつけていただきました。

また全ての方が、大変満足・満足の評価をつけていただき、総合では100%の満足度をいただくことができました。

新年からたくさんの方に読書会をお楽しみいただくことができ、大変嬉しく思います。

 

今回の読書会にいただいた感想の一部をご紹介いたします。

女性 20歳
女性 25歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:初参加

読書会の感想:初めて読書会に参加しましたが、さまざまな職種の人のおすすめ本が聞けて、本の幅が広がる以上に勉強になった。

 

男性 20歳
男性 26歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:2〜4回目

読書会の感想:冒頭の動画で、社会が変化したことや、社会に出ても勉強が必要であるとあり、勉強の方法として読書があり、アウトプットがあると思いました。今後も読書会はなるべく継続して参加したいです。

今回参加したテーブルでは、働きかたや生き方についての話題が多かったです。働き方、生き方に対して、「変えること」が重要だと感じました。働く環境を変える、付き合う相手を変えるなど、問題に感じていることに対して自分から何かを変えないままでは解決しないどころか更に悪化する可能性もあると感じました。

 

男性 20歳
男性 30歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:2〜4回目

読書会の感想:久しぶりに参加をして刺激を受けました。間を空けずに、頻繁に参加すべきだと感じました笑

 

男性 20歳
男性 23歳

満足度:5点満点中4点

読書会の参加回数:初参加

読書会の感想:初めての参加で少し緊張しましたが、普段読まないジャンルの本に触れられました。

 

男性 20歳
男性 29歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:2〜4回目

読書会の感想:知識のシャワーを浴びることができ、発表のフィードバックももらえてよかったです。

日常と違うことをした、行動したら自分を褒めてあげることが大事。

 

女性 20歳
女性 25歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:5回目〜

読書会の感想:いつも読まないジャンルの本もありとても面白かったです。今年も昨年に引き続きたくさん参加させていただきたいと思います!

 

男性 20歳
男性 34歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:初参加

読書会の感想:初参加で緊張しましたが楽しく参加できました!

森岡毅さんの『苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』の本がとても参考になりました。

 

男性 20歳
男性 29歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:2〜4回目

読書会の感想:普段自分がしていることについて改めて意識し直すことや考え方、意思決定について気になる本が多々あったので一度目を通したいと思いました。

 

女性 20歳
女性 32歳

満足度:5点満点中4点

読書会の参加回数:2〜4回目

読書会の感想:色んな本や意見が聞けて面白かったです。

橘玲さんの『働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる』が参考になった。

 

男性 20歳
男性 27歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:2〜4回目

読書会の感想:紹介された本のほとんど読んでみたいと感じました。

 

男性 20歳
男性 27歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:初参加

読書会の感想:本日は、ありがとうございました。1冊の本しか持っていってないのに、10冊近くの本を教えてもらって得した気分になりました。また、参加します!

2025年を制覇する破壊的企業』という本がとてもおもしろかったです。読んでみたいです。

 

男性 20歳
男性 24歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:2〜4回目

読書会の感想:今回はキャリア思考に関する書籍が多く、いま考えているビジネスに活かせるという意味でもすごく参考になりましたし、また書籍紹介を通してその方のキャリアの思考性も垣間見えておもしろかったです。

転職についてデータに基づいて科学的に書籍をまとめていた本の紹介で、転職するまでの心情や環境変化について体系的にまとめられており、勝手に自分の思い込みとは異なる発見があり、参考になった。

 

女性 20歳
女性 31歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:初参加

読書会の感想:初めての参加でした。普段本を読む習慣がないので、皆さんの知識の多さに圧倒されました。今日はまず入り口として、本から学べることがこんなにたくさんあることを学ぶことができたので、まずは本を読む習慣をつけていきたいと思います。

 

女性 20歳
女性 30歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:2〜4回目

読書会の感想:本の内容もですが、自分で経営をしている人や色々な職業の人の話を聞くのも楽しかったです。

 

男性 20歳
男性 25歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:5回目〜

読書会の感想:文学についての話が多く出て、知識の幅が広がった。

 

男性 20歳
男性 33歳

満足度:5点満点中5点

読書会の参加回数:2〜4回目

読書会の感想:本の内容だけでなくみなさん自身の話にも広がってて面白いなと思いました!

 

スポンサーリンク

読書会で紹介された本はコチラ!

今回の東京アキバ読書会は、5つのテーブルに分かれて行いました。

どのグループもいろいろなジャンルの本が多数紹介され、大変盛り上がりました。

その中から一部の本について、ご紹介いたします。

 

葉隠入門|三島由紀夫 著

葉隠入門|三島由紀夫 著

「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」という言葉を聞いたことがあるという方も多いと思います。

この一説は、佐賀藩士の山本常朝によって口述された武士道書『葉隠』の一文です。

『葉隠』に心酔した三島由紀夫氏が現代語訳版として、書いたものが本書『葉隠入門』です。

三島由紀夫氏がなぜ『葉隠』を読んだのか、『葉隠』の内容、読み進め方などがまとめられています。

 

毎日、今日が命日だと思って大切に生きろということが書いてあります。

しかし、その一方で、何か物事を極めるなら、1年や2年じゃなく、もっと時間がかかるなど、生き方、命への考え方が武士道の視点で描かれています。

 

また、身だしなみは相手にどう思われるかであるため、見くびられたりしないようにするために、毎日整えよという、現代にも通用する考え方が多数書かれています。

いくら時代が変わっても、人間として大切なことは普遍であることを教えてくれるような一冊です。

 

闇の脳科学 「完全な人間」をつくる|ローン・フランク 著

闇の脳科学 「完全な人間」をつくる|ローン・フランク 著

「脳に電気ショックを与えて、『完璧な人間』へとつくり変える」という研究は、現在の最先端の研究の一つです。

しかし、こうした研究は、実は1950~60年代にある天才脳神経外科医が人体実験を繰り返し行っていたのです。

実際に、電気ショックを与えることで、同性愛者を異性愛者に変えたり、精神病の治療に成功したと言われています。

その研究は、倫理的に良いものなのかということを疑われ、現在ではある大学に保管されてながら一切公開されず、完全に闇に葬り去られたと言われています。

 

現在の脳科学最先端研究である、DARPA(米国防高等研究計画局)を紐解いてみると、実はこの1950~60年代にマッドサイエンティストによって行われた研究とほぼ同じところにたどり着いているのではないかと言われています。

一度葬り去られた研究が、今の時代になってなぜ注目されているのでしょうか。

そして、脳に電気ショックを与えて、作り替えるということは倫理的に許されるものなのでしょうか。

これからの人類の行方を考えたくなるような一冊です。

 

ほかに読書会で紹介された本

君はどこにでも行ける
徳間書店
¥1,200(2022/05/26 03:34時点)
説明文を入力してください
21世紀を生き抜く3+1の力
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥450(2022/05/25 12:29時点)

 

スポンサーリンク

まとめ

東京アキバ読書会は、2015年5月に秋葉原のカフェでスタートした読書会です。

現在では、年間1,500名以上にご参加いただく、全国でもトップクラスの人気の読書会になりました。

今までに、350回以上の開催、累計6,500名以上にご参加いただいています。

2021年は、合計1,715名の方にご参加いただきました。

 

現在は、Zoomを使った『オンライン読書会』と、東京の23区のレンタルスペースでの『オフライン読書会』の両方を開催しています。

2022年は、リアル会場での『オフライン読書会』を中心に開催していく予定です。

 

次回の東京アキバ読書会は、全国・全世界お好きなところからご参加いただけるZoomでのオンライン読書会です。

日程は、祝日の2022年1月10日(月・祝)9:30-12:00にて、Zoomでの読書会を予定しております。

Zoomを使ったオンライン開催なので、全国どこからでも参加いただくことが可能です。

東京以外も北は北海道、南は九州まで全国からご参加いただいており、海外からご参加いただく方もいらっしゃいます。

PCやタブレット端末、スマートフォンなど、ご自身のお好きな端末からご参加いただけます。

 

大人気のリアル会場でのオフラインの読書会は、2022年1月15日()9:30-12:00の予定です。

オフラインの読書会は、早期に満席になってしまいます。

ご希望の読書会の日程が満席になる前に、お早めにお申し込みください。

また、当面の間、十分なキャパシティのある会場を確保するため、秋葉原ではなく中央区での開催となる予定です。

 

皆様の東京アキバ読書会へのご参加を、心よりお待ちしております。

初めて読書会にご参加される方も大歓迎ですので、奮ってご参加ください。

第368回目の東京アキバ読書会の開催レポートをご覧いただき、ありがとうございました。

読書会に参加しよう!

東京アキバ読書会は、年間1,500名以上の方にご参加いただく東京最大級の読書会です。
参加者は、20代〜30代前半の若手社会人中心で同年代のみなので、気軽に参加ください。
Zoomを使ったオンライン読書会、リアル会場でのオフライン読書会の両方を大好評開催中です!

東京アキバ読書会をフォローする
東京アキバ読書会