消える退職金!?10年で450万円減という現実

トレンド
この記事は約3分で読めます。

皆さんは、退職金のことなど考えたことがあるでしょうか?

40代、50代の方でしたら、退職金や老後の生活、年金などについて考えることも多いかもしれません。

 

しかし、20代のうちに退職金について考えることは、ほとんどないかも知れません。

そもそも、退職金は、いくらくらいもらえるのか知っているという人自体少ないと思います。

 

では、逆にいくらくらい退職金と年金があれば満足するでしょうか?

年金がなくなる、退職金がなくなると世間では大変問題になっています。

しかし、年金や退職金がなかったとしても、その分のお金を他で手に入れることが出来れば、問題はありません。

皆さんは、退職金と年金を合計していくら欲しいでしょうか?もちろん多ければ、多いに越したことはないはずです。

 

例えば、皆さんが今300万円の年収だとします。

その年収、その生活水準で、老後は満足でしょうか?

もちろん結婚していたら、奥さん、旦那さんと一緒に暮らしていることでしょう。

400万円くらいあれば足りるでしょうか?

 

年間400万円で満足という方もいれば、もっと必要という方ももちろんいると思います。

では、ここでは一旦500万円必要ということと仮定します。

60歳で定年退職をしたとして、80歳まで生きると仮定します。

年間500万円使うと考えると、500万円×20年で、1億円必要ということになります。

 

では、本日の本題です。

これで、退職金と年金を合計して1億円もらえると考えたら、非常に豊かな老後を送れるはずです。

しかし、さすがに1億円は多いと感じる方も多いと思います。

では、5000万円くらいは退職金をもらえるでしょうか?

20年間生活すると考えると、5000万円では、1年あたり250万円使えることになります。

 

10年で450万円も減った退職給付

実際のところ退職給付に関しては、非常に厳しい現実があります。

下の図をご覧ください。

退職給付推移

この2003年から2013年の10年間で、なんと退職給付(年金と退職金の合計)の金額が、450万円も減少しているのです。

良い大学をでて、良い会社に入り35年間以上働いても、退職給付は2000万円ほどしかもらうことができないのです。

2000万円だとすると、年間500万円使ってしまったら、たった4年でなくなってしまします。

20年間生活と考えると、年間で100万円しか使うことができません。

 

24.5%の企業は、退職給付制度すらない

退職給付制度

 

退職給付は、誰もがもらえると考えるかもしれませんが、それは、大きな間違いです。

なんと約4社に1社は、退職金給付すらないのです。

こうした、事実を知らないと、退職間際になって、思っていたような老後は過ごせないことに気が付いたりするでしょう。

 

退職給付をもらえない企業が多く存在するということ、退職給付があったとしても老後の生活には全く足りないということ。そうした事実を知っていないと、こんなはずではなかったと感じる老後を向えてしまうかもしれません。

そうなる前に、今から準備をしていく必要があるように感じます。

 

東京アキバ読書会に参加しよう!

東京アキバ読書会は、2015年から始まり、現在では東京最大級の20代、30代の若手社会人中心の読書会を秋葉原で毎週開催しております。

ご参加は、下記よりお申込みください。

必須お名前(漢字)
必須お名前(フリガナ)
必須メールアドレス
必須年齢
必須参加希望日
任意どちらで東京アキバ読書会をお知りになりましたか?【複数可】
任意上記で、お知り合いからの紹介を選択の方は、紹介者の方のお名前をご入力ください。
任意その他、ご質問や特記事項等がございましたら、下記にご入力ください。

※ご入力いただいたメールアドレスに、当日の会場等の詳細の連絡をさせていただきますので、お間違えのないようご注意ください。

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

トレンド
東京アキバ読書会をフォローする
スポンサーリンク
東京アキバ読書会
タイトルとURLをコピーしました